日本文化から生まれたお稽古ごと

日本文化から生まれたお稽古ごと

趣味に通じる教室や仕事にも活かすことが出来る教室など、様々なスクールがある中で日本の伝統的な文化から生まれたスクールもまだまだ存在します。
 

 

 

代表的なもので言えば、お茶やお花、書道や日本舞踊、和装の着付けなどではないでしょうか。和の文化が強いお稽古ごとと聞くと、敷居が高いイメージが強いのですが、最近では様々なスクールのカリキュラムに入っていたりと手軽に始めることが出来るのではないでしょうか。実は20代30代の独身女性が気になる習い事に上げるのがお茶や着付けなどの日本文化から生まれたお稽古ごとなんですね。

 

 

 

お茶やお花、着付けなどの場合にはこういった教室に通うことで礼儀作法などを身につけることも出来るので、教養を深めることにも繋がります。お茶やお花の場合には流派などが関係してくるので、自分に合った流派、スクールを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

その為には体験レッスンなどで試してみるのが良い方法ですね。また書道で言えば昔からある古典的な書道はもちろんですが、デザイン性の高いアート書道などもありテレビなどのメディアで活躍している若手書道家などの影響が強く出ているようです。

 

 

 

中には英文を入れた作品などもあり、今までの概念を大きく変えるものでこういった部分が現代人に受け入れられている要素の一つとなっているのではないでしょうか。書道に関しても体験レッスンなどで自分に合っているのかなどを知ることが出来るので、気になる場合にはまずは一度体験レッスンに出向いてみましょう。